婦人科形成でコンプレックスを解消しよう

手術は30分程度で終わる

副皮とは、小陰唇と大陰唇の間にあるヒダ状の皮膚のことです。
全くないという人や、二重または三重に存在している人も存在しており大きく個人差があります。
皮膚の間に汚れや垢がたまりやすいのが難点で、ニオイを気にして来院する人が多いのが特徴です。
汚れなどを放置しておくと炎症になる可能性があり、その場合も手術が必要となります。
実際の施術は30分程度で終了しますので、局所麻酔と消毒だけで手術を行うことが可能です。
「クリトリス包茎」も、婦人科形成で見られるポピュラーな症状として知られています。
クリトリスの外側にある皮を包皮と言い、この皮膚が全体に覆いかぶさっている状態が「クリトリス包茎」です。
体の分泌物や汚れ・垢などがたまってしまい、炎症を起こすことやパートナーとの性交渉の時に痛みを起こすことがあります。
手術はこの皮を切り取り、クリトリスを露出させるようにすることで問題を解決します。
術後は内出血などのトラブルが起きることがありますが、他の婦人科形成の手術と同じように日帰りで行うことが出来ますから、安心です。
手術後の性交渉は、少しの間控えます。
このように「婦人科形成」でなら、多くの悩みを解消することが出来るのです。

女性器のコンプレックスコンプレックス解消のため、婦人科形成を受けることに手術は30分程度で終わる